Q&A

トランピングカーに関係する簡単なQ&Aをまとめてみました。

Q・維持費が安い?

 

軽キャンピングカーは特殊用途車両ですが、(保険などはキャンピングカー用の保険になります)
トランピングカーは軽トラックに載っている荷物なので、軽トラックの維持費になります。

Q・取り回しが楽?

キャンプ場は人里離れた所が多い印象です。普通自動車では入れない道も軽トラックなら安心です!

私個人の意見『私自身、携帯電話のナビゲーションで目的地に行く事があるのですが、狭い道を案内される事が。。
軽トラだったら入っても大丈夫!!  と思える安心感が強いです。』

Q・軽トラックなのに広い空間?

Toyotaのハイエースでも居住空間では立てませんが、

トランピングカーは居住空間内装高さを1740㎜確保!!
自由度が高いシンプルな作りなので、荷物が沢山積載できます。(詳しくはこちらをクリック)

Q・軽トラックなので遅い

居住空間部分の重量は軽量、TP-01約60kg ・TP-02約55kg(内装無し)

運転席上部の居住空間部分に当たる風の抵抗を考え形状を特殊に加工(特許取得中)

私個人の意見『高速道路120km区間では120kmで巡航が可能です、前面に当たった風が高速で側面を流れるので横風に強い形状になっています。』

 

Q・車検の時は?

居住空間はあくまで荷物ですので、取り外しが可能です。
大人1人で取り外しできるアタッチメントをオプションで用意してありますので、ご自身で外して自分でユーザー車検も可能。

車検のタイミングで居住空間のメンテナンスもできますので、当社にお任せ頂く事も可能です。(民間車検・ユーザー車検・ディーラー車検に対応)

Q・横転確率

軽量化と低重心の設計により横転確率は他企業に比べて低いです。

走行時は運転席上部の居住空間部分に当たる風の抵抗を考え形状を特殊に加工してあるので、前面に当たった風が高速で側面を流れるので横風に強い形状になっています。(特許取得中)

Q・保障・アフターケアー

キャンピングカー修理で検索すると、他社製のキャンピングカーは受け付けないなど。。(キャンピングカーは面倒を見てくれない風潮がある。)

キャンピングカーは8ナンバーの特種用途自動車、なのでトヨタの車でもトヨタディーラーや町の自動車修理屋さんでは見てくれません。

トランピングカーの場合、4ナンバーの普通車で後ろに載せてるのは荷物なので、ディーラーや町の自動車修理屋さんで修理が可能です。

居住空間は2年の保障・お客様自身でDIYのご相談などアフターケアを充実させていただいております。

Q・防災シェルター

当社の防災シェルターは「何かあった時に逃げ込める、家以外で生活できる空間」という意味で使わせて頂いております。

令和元年房総台風で友人家族が被害に遭って、避難所ではなく試作初号機で約一週間生活してもらった事が起業のきっかけだったので。

避難所では隣の人の声が聞こえ、プライベートは無く、誰が感染症を持っているかわからない現代、何があるか分からない今の時代、きっと役に立つと思います。