CONCEPT

私たち大人はどんどん本来持っている願望から離れている・・・そんな風に感じています。
自分一人でゆっくり旅行したい、趣味の道具を置く書斎が欲しい、ペットと一緒に旅行したい、
キャンピングカーが欲しいけど高価で敷居が高い、豪華な装備は必要ないので自分でカスタマイズして世界で1台のキャンピングカーにしたい!
一人一人違う願望に答えて共に成長し思い出を作れるようなキャンピングカーを作りたいという想いから誕生しました。

CONCEPT

「新しい第2の家」を通してアウトドアをもっと自由に、家でもオフィスでもない自分のフィールドを広げるハウス。
車と家の機能が一体となり疲れを残すことはなくキャンプや旅行に時間や場所を気にせず気軽に行くことが出来ます。

キャンピングカーを通し、1人1人が充実した人生を送るために旅行の固定概念を変え、海外のような大自然を感じられるような遊びを地方に充実させ、まだ発見されていない日本のすばらしい大自然で感動体験を経験していただけるような空間をご提供いたします。

また、普通のキャンピングカーとは違い取り外し可能。軽トラックが壊れても居住部分を載せ替える事ができるので長くご使用できます。

ご家族を守るための防災シェルターとして、長く避難生活する事態になってもプライベートを守り安心して生活できる第2の家として期待していただいています。

代表者メッセージ

安くて手軽に自由自在にカスタマイズが出来る
「大人の走る秘密基地」を提供します。

私は長年アウトドア全般が趣味で色々な経験をしました。自分が応援している自転車チームや有名なサーフィンの選手が、キャンピングカーで大会から大会へ国中を移動し旅をしながら自分の夢を叶えているのを知り、いつか私もそんな旅をしながら夢を叶える事ができたらと思い夢を膨らませていました。
しかし、キャンピングカーは値段と維持費が高く中古は購入後のトラブルが多く直しながら乗らなくてはいけませんでした。
維持費がかからず無駄な物を無くし自分が好きなようにカスタマイズできるそのようなキャンピングカーはありませんでした。

無ければ作ってしまおう!
実家は祖父の代から鉄工所を営なんでおり、工場の隅で初号機を作りました。
特殊車両製造メーカで車を製造していたエンジニアなので技術には自信がありましたが、何度も雨漏りを経験し試行錯誤を重ね、父と一緒にキャンピングカーを作り夢だった「世界で1台自分だけ」のキャンピングカーで旅行に出かけ思い出を作っていました。

令和元年房総台風で千葉県市原市のゴルフ練習場の鉄柱が倒れ、友人の実家が損壊し、友人の両親は避難所に身を寄せていたが、家族同様のペットは入ることができずにいました。
初号機を友人両親に渡しペットと共に居住部分で過ごしてもらったところ「助かった。本当にありがとう」と感謝され「これほど人の役に立つとは」喜びが込み上げ涙がこぼれました。

「きっと人生を変える体験のお手伝いができる」という自信と、「うまくいくのか?」との葛藤が交錯し
起業を両親に相談しましたが反対されました。
「自分の計画を客観視したい」千葉県商工会議所の創業ビジネスコンテストで優秀賞を受賞し、
従業員数7千人の大企業でエンジニアをしていましたが退職
ベンチャー企業ですが、「軽トラ」✕「キャンピング」=「トランピング」を
多くの方に知って頂き選択肢の1つに入れて頂きたいと思います。

何があるかわからない今の時代、リモートワークや3密を避けた旅行、ニューノーマルにも役立つと感じています。
平日は自分の仕事に集中できる書斎・休日はキャンピングカー・イベントがある時は移動販売車・キッチンカー・災害時はシェルターに。もっと安く手軽に自由自在に個人の要望に合わせてカスタマイズが出来る「大人の走る秘密基地 トランピングカー」を多くの人になじんで欲しいと思っています。